BAR HARBOUR INN

*--新着情報--*

[投稿] [記事検索] [記事修正・削除] [管理用]
※この掲示板は、閲覧のみとなっております。

ムーンハーバー
ハーバーイン


「ムーン・ハーバー」は、ワインの産地として有名なフランスのボルドーにできた、初めてのウイスキー蒸留所です。
100%ボルドー産ウイスキーの生産行うという、起業家のイヴ・メディナ氏とフィリップ・バランジェ氏の決意によって、2015年に創業されました。
ボルドーメドック地区の約100haの広大な敷地で、ウイスキーの原料である大麦の栽培も始まっています。2016年6月に第一回目の収穫を終え、2017年9月には、ボルドー産麦芽を使用した初めての蒸留が行われました。

現在、ムーンハーバー社が販売しているウイスキーは、スコットランドからモルトを輸入し、ボルドーワインの空樽で3ヶ月から6ヶ月フィニッシュしたものをブレンドしています。
「ムーンハーバー ピア1」は、世界三大貴腐ワインの一つでもある甘口ワインの≪ソーテルヌ≫の樽でフィニッシュされています。
フルーティで飲みやすいブレンデッドウイスキーです。¥1296

「ムーンハーバー ピア2」は、ボルドーで700年以上の歴史を持つシャトー「シャトー・ラ・ルーヴィエール」の赤ワイン樽でフィニッシュされています。
ピーティな味わいのブレンデッドモルトウイスキー。¥1620
Date: 2018/12/19/12:58:37   No.2640



月ヶ瀬梅原酒
ハーバーイン



梅の名産地、奈良県の月ヶ瀬村の青梅をふんだんに使用、乙類焼酎で漬け込んだ梅原酒を加水無しのアルコール度数20%で瓶詰め。エキス分も38%あり、まさに手作り感満載の濃い梅酒です。ずっと前に置いていたこともありましたが今回久しぶりに仕入れました。ストレート、オンザロックなどでいかがでしょうか。¥864
Date: 2018/12/13/14:12:05   No.2639



ボウモア27年
ハーバーイン



ヴィントナーズトリロジーシリーズの第3弾。13年間バーボン樽で熟成後、14年間ポートワインカスクで熟成、ノンチル、カスクストレングスの48%です。マホガニーカラーのいかにも長熟といった外観。さきに入った26年との比較も楽しいと思います。¥8640
Date: 2018/12/04/17:02:27   No.2638



秩父ピーテッド2018
ハーバーイン


本品は、秩父蒸溜所で仕込んだピーテッドタイプのシングルモルトウイスキーです。
製麦作業でピート(泥炭)を使用して麦芽を乾燥させているために、スモーキーな個性の強い原酒になりました。重みのあるピート香と、その奥に香る完熟前のバナナの様な甘さと酸味。バランスよく主張しあうスモーキーさとフルーティーさは、加水でさらに余韻を柔らかく響かせます。本品は、原酒そのままの個性を楽しんでいただくためにノンチルフィルター、ナチュナルカラーでボトリングしました。グラスの中で幾度も姿を変える複雑なフレーバーを、是非時間をかけてお楽しみください。¥2160
Date: 2018/12/03/14:06:53   No.2637



ボウモア26年
ハーバーイン


「ボウモア ヴィントナーズ トリロジー」は、2017年にリリースが始まった≪ワインカスクフィニッシュ≫のシリーズです。この「ボウモア 26年 ヴィントナーズ トリロジー」はシリーズの第二弾。
熟成期間の始めの13年間はバーボンバレルで熟成され、その後フレンチオーク ワインバリックで13年間熟成されています。
※ワインバリック:ボルドー地方で使われる小型のワイン樽/容量は約225L(ホグスヘッドと同程度)

<テイスティングノート>
色:燃えるようなアンバー
香り:レッドカラントのジャム、焼いたパイナップル、チェリーパイ、土っぽい煙
味わい、口を包みこむ、オーク、スパイシーな煙、ブランデー漬のチェリー、潮気が口に広がる
フィニッシュ:長い、みずみずしい、カリンジャム、チョコレート、唇に潮のヒントを残す。
¥8640
Date: 2018/11/27/17:22:19   No.2636



梅スピリッツ 香雪(かゆき)
ハーバーイン



何とも変わった作り方をしたお酒です。和歌山県産の南高梅を漬けて作った梅酒(アルコール度数20%)を、香味を残すために減圧蒸留し、45%の雑味成分の少ないソフトな味わいのスピリッツに仕上げました。
もちろんスピリッツですから糖分は含みませんが、香りはまさに梅酒!そのままロック、あるいはトニック割り等色々な楽しみ方が出来そうです。単品¥1080
Date: 2018/11/27/16:41:05   No.2635



ハイランドパークフルボリューム
ハーバーイン



ハイランドパーク フルボリューム」は、 ウイスキー造りも音楽創作も「バランス」が大切であるという共通点に基づいて開発されました。 ウイスキーのブレンディングを、 音楽創作において重要である音の周波数のファインチューニングになぞらえ、 個々の樽の個性とフレーバーの波を組み合わせて最良のバランスを作り上げています。

1999年に蒸留し、 アメリカンオークのバーボン樽で熟成した原酒を100%使用。 2017年にボトリングしています。 専門家からも常に高い評価を受けるハイランドパーク蒸留所として、 中味の品質はもちろん、 パッケージも非常にユニークなものになっています。 ¥2160
Date: 2018/10/29/14:12:44   No.2633



ハイランドパーク18年
ハーバーイン



新着というよりリニューアルです。北の巨人ハイランドパーク18年が『バイキングプライド』の名を冠しボトルともに新しくなったものが入荷しました。¥2160
Date: 2018/10/23/16:41:28   No.2632



[1][2] [3] [4]