BAR HARBOUR INN

*--新着情報--*

[投稿] [記事検索] [記事修正・削除] [管理用]
※この掲示板は、閲覧のみとなっております。

ボウモア26年
ハーバーイン


「ボウモア ヴィントナーズ トリロジー」は、2017年にリリースが始まった≪ワインカスクフィニッシュ≫のシリーズです。この「ボウモア 26年 ヴィントナーズ トリロジー」はシリーズの第二弾。
熟成期間の始めの13年間はバーボンバレルで熟成され、その後フレンチオーク ワインバリックで13年間熟成されています。
※ワインバリック:ボルドー地方で使われる小型のワイン樽/容量は約225L(ホグスヘッドと同程度)

<テイスティングノート>
色:燃えるようなアンバー
香り:レッドカラントのジャム、焼いたパイナップル、チェリーパイ、土っぽい煙
味わい、口を包みこむ、オーク、スパイシーな煙、ブランデー漬のチェリー、潮気が口に広がる
フィニッシュ:長い、みずみずしい、カリンジャム、チョコレート、唇に潮のヒントを残す。
¥8640
Date: 2018/11/27/17:22:19   No.2636



梅スピリッツ 香雪(かゆき)
ハーバーイン



何とも変わった作り方をしたお酒です。和歌山県産の南高梅を漬けて作った梅酒(アルコール度数20%)を、香味を残すために減圧蒸留し、45%の雑味成分の少ないソフトな味わいのスピリッツに仕上げました。
もちろんスピリッツですから糖分は含みませんが、香りはまさに梅酒!そのままロック、あるいはトニック割り等色々な楽しみ方が出来そうです。単品¥1080
Date: 2018/11/27/16:41:05   No.2635



ハイランドパークフルボリューム
ハーバーイン



ハイランドパーク フルボリューム」は、 ウイスキー造りも音楽創作も「バランス」が大切であるという共通点に基づいて開発されました。 ウイスキーのブレンディングを、 音楽創作において重要である音の周波数のファインチューニングになぞらえ、 個々の樽の個性とフレーバーの波を組み合わせて最良のバランスを作り上げています。

1999年に蒸留し、 アメリカンオークのバーボン樽で熟成した原酒を100%使用。 2017年にボトリングしています。 専門家からも常に高い評価を受けるハイランドパーク蒸留所として、 中味の品質はもちろん、 パッケージも非常にユニークなものになっています。 ¥2160
Date: 2018/10/29/14:12:44   No.2633



ハイランドパーク18年
ハーバーイン



新着というよりリニューアルです。北の巨人ハイランドパーク18年が『バイキングプライド』の名を冠しボトルともに新しくなったものが入荷しました。¥2160
Date: 2018/10/23/16:41:28   No.2632



バランタイン17年トリビュートリリース
ハーバーイン




冷却ろ過しない“ノンチルフィルタード製法”を採用、アルコール度数を48%にし、原酒由来の豊かな味わいを実現しました。また、ファーストフィル※のアメリカンオーク樽やヨーロピアンオーク樽の原酒も使用しました。熟した桃やオレンジのようなフルーティな香り、ハチミツやチョコレートのような味わい、長く続く余韻が特長です。¥1944
Date: 2018/10/22/17:17:47   No.2631



余市限定品
ハーバーイン



蒸留所限定品の余市です。各¥1944
Date: 2018/10/22/14:06:52   No.2630



カバラン
ハーバーイン



台湾産のシングルモルトウイスキー。美味しいと好評ですがスタンダード品でも結構お高いのがネックでした。
そんな声に応えてこの度オーダーしやすい価格のグレードが発売されました。是非ストレートで飲んでみて下さい。¥1,296
Date: 2018/10/04/14:59:31   No.2629



グレンファークラス12年カスクストレングス
ハーバーイン



取り扱い代理店も変わり最初に出る日本向けのカスクストレングス。もちろんシェリー100%でアルコール度は何と59.9!1杯でゆっくりと1時間は楽しめます。¥1,944
Date: 2018/10/01/12:41:52   No.2628



[1] [2] [3][4] [5] [6]